あなたはどのくらい勉強している⁉【勉強時間を増やすためには】

 

 

こんにちは、元特別区職員のあやんぼです。

 

皆さんの中に、なかなか勉強時間を増やすことができなくて悩んでいるという人はいませんか?

 

おそらく、時間があるけどモチベーションが上がらずに勉強時間が増えない人と大学や仕事が忙しく勉強時間が確保できない人の2パターンが存在すると思われます。

 

そこで今回は後者のパターン(大学や仕事が忙しく勉強時間ができない)の改善策について説明していきます。

 

結論を先に言いますと、「時間をつくりだす」ことです。

 

モチベーションが上がらないパターンの対策方法については、こちらの記事で説明しています。

 

勉強時間を増やすためには【時間をつくりだす】

 

当然ですが、1日は24時間しかありません。

 

24時間という限られた時間の中で勉強時間を増やすためには、何かムダな時間を減らして、その時間を勉強時間に充てる必要があります。

 

では、どのようにしてムダな時間を減らすことができるのでしょうか。

 

いくつかの方法を紹介したいと思います。

 

(1)公務員試験の優先順位を1位にする

1つは、「公務員試験の優先順位を1番にする」ということです。

 

例えば、こんな優先順位になっている人はいませんか?

1位 家族との時間

2位 公務員試験の勉強

3位 友だちとの時間

4位 好きなテレビを見る時間

 

これは間違った優先順位のつけ方ですね。

 

まず、家族との時間を減らしましょう。控えめに言って、家族と旅行に行く暇があるほど公務員試験は甘くありません。1年我慢して公務員になれば、いつでも旅行に行けるだけの時間が確保できます。なんなら、合格したあとも半年間は暇なのでそのときに行けばいいです。

 

ここまで厳しいことを言ってきましたが、年内ならかろうじて家族旅行もありかなと思います。

 

公務員試験の勉強はなかなかストレスが溜まってしまいますので。

 

ただし、年明けは絶対にだめですよ!!!

 

「友達との時間」と「テレビを見る時間」も同じです。これらは1年間我慢しましょう。

 

では、「公務員試験の優先順位を1位にする」とはどういうことなのか説明します。

 

言葉通りです。

 

友達に遊びに誘われても断って勉強をする。家族に旅行に行こうと言われても来年にしてくれという。好きなテレビでも見ない。これが公務員試験の優先順位を1位にするということです。

 

みなさんは公務員試験の優先順位が1位になっていますか?

 

遅くても年明けまでに優先順位を1位にしましょうね!

 

迷う時間を減らす

迷う時間を減らしましょう。

 

みなさんは朝、どのくらい迷っていますか。

 

「今日はどんな服を着よう」、「あれ、財布どこ置いたっけ?」など。

 

こんなことをしている間に、5分がぐらい立ちます。365日こんなことをしていたら約30時間もムダになります。

 

アップル設立者のスティーブ・ジョブズは同じ服を7着持っており、毎日同じ服をきて無駄な時間を削減していたそうです。

 

さすがに同じ服を7着そろえて、毎日同じ服を着ろとは言いませんがね(笑)

 

また、朝は脳がリセットされており、勉強するには1番いい状態です。その1番いい状態の脳を探し物や洋服選びで消耗させてしまうのはもったいないです。

 

毎日使うものは決まった場所に置き、洋服選びは前日までに済ましておきましょう。

 

入浴時間を減らす

お風呂に入るのが好きで長風呂をしてしまうことはありませんか?

 

私は入浴しながらスマホをいじってしまうことが多かったので、1時間ぐらい無駄にしていました。

 

MAX20分ぐらいにしておきましょう。

最悪何かを捨てる

どうしても時間がつくれないなら、その原因を無くしましょう。

 

仕事が忙しく、毎日残業で勉強をする時間がないのなら仕事を辞めるべきです。

 

同じく、サークル活動が忙しくて勉強をする時間がないのならサークルもやめましょう。

 

「友達が遊びに誘ってくれたし、断ったらもう誘ってくれなくなるかもしれない」と不安になって遊びにいってしまう。それなら友達も捨てるしかないです。

 

だいたい捨てたものは後で戻ってくるので安心してください。

 

友達だって真の友達ならこちらの事情を理解してくれはずです。

 

もし、理解してくれないのであれば、その程度の友達だったということです。

 

【結論】睡眠時間は以外はすべて勉強するべし

結果を残す人は、睡眠時間以外はすべて勉強をしています。

 

このルールさえ守れば、1つぐらいは必ず筆記試験に合格できます。

 

1年間だけなのでがんばりましょう!

 

絶対にやってはいけない時間のつくりかた

絶対にやってはいけない時間のつくりかたがあります。

 

それは、「睡眠時間を削ること」です。

 

これには賛否両論があるのですが、私の場合は睡眠時間を減らすと極端に勉強のパフォーマンスが落ちました。

 

直前期には予備校で22時まで勉強をして0時に就寝。4時に起床してまた勉強をするを繰り返していましたが、結局体調不良になり長くは続きませんでした。しかも、昼間に眠くなり必ず昼寝をしていました。

 

あのホリエモンでさえ、ライブドア時代に休みなく働いていた時期は必ず8時間の睡眠をしていたそうです。

 

「私はショートスリーパーだから4時間睡眠でいける!」という方はそれでもいいかと思います。

 

ちなみに、人口の10%はショートスリーパーらしいですよ。

 

まとめ

公務員試験の優先順位を1位にするということは、いままでの幸せな時間を減らすということです。それは大きなストレスになります。

 

しかし、1年の間はすこしムリをしてみてはいかがでしょうか。リターンは大きいですよ。

 

今回は以上です。

 

それではさようなら!

 

おすすめの記事