公務員試験の服装【私服orスーツ/経験者が教えます】

 

こんにちは、元公務員のあやんぼです。

 

公務員の筆記試験や面接試験、インターンなどの服装に迷っている人はいませんか?

当記事を読むことで、この悩みを解決することができます。また、受験生を悩ます「クールビズ可」について正解を知ることができます。

 

公務員試験の服装【筆記試験】

受験生
公務員ってお堅い仕事だから、筆記試験もスーツの方がいいのかな?

先生
一次試験と二次試験、それぞれについて説明するぞ!

一次試験の服装

結論からいうと、一次試験は「私服」で大丈夫です。

 

私は公務員試験(行政職)の試験を複数受験したことがありますが、いずれも私服で受験しました。まわりの受験生もほとんどの人が私服でした。

 

たまに、受験生の中に「筆記試験から面接官は受験生のことを見ているからスーツの方がいい。」という方がいますがそんなことはありませんよ。

しかし、例外ありです。警察官の試験などはスーツが一般的だったりするそうです。

二次試験の服装

二次試験の服装は言わずもがな「スーツ」一択です。

しかし、最近は「クールビズ可」の試験種が増えてきています。これが受験生を地味に悩まします。

 

結論をいうと、どちらでも大丈夫です。

 

あとは、「スーツ」と「クールビズ」、それぞれの特徴を踏まえて自分に適している方を選択してください。

スーツの特徴

スタイルが良く見える

しっかりとした印象を与える

夏だと暑苦しい

クールビズの特徴

スーツより柔らかい印象を与える

汗をかくと目立つ

 

 

ちなみに私の感覚だと「クールビズ可」の試験種の場合、スーツ8割、クールビズ2割といった感じです。

 

公務員試験の服装【インターンシップ】

 

受験生
「私服可」って言われると、どうしたらいいかわからなくなるよ。

 

私服可の場合

結論からいうと、「私服可」の場合はスーツでも私服でも大丈夫です。

しかし、私服は普段着ではなく「オフィスカジュアル」のことです。個人的には、私服よりスーツの方が余計な心配をしなくて済むのでいいかと思います。

 

クールビズ可の場合

これが最も受験生を悩ませるのではないかと考えます。

クールビズ可の場合は、私ならクールビズでインターンに行きます。理由は、スーツだと浮くからです。公務員時代の話ですが、クールビズの時期に職員でジャケットを羽織っている人はほとんどいませんでした。

 

そしてほぼ確実にジャケットを羽織ってインターンに行っても、「暑かったら脱いでいいからね」と声をかけてもらえます。

 

公務員試験の服装【クールビズに注意点】

先生
クールビズはちょっとだけ気をつけることがあるから、職員目線で説明するぞ!

 

(1)ワイシャツはボタンダウンにする。

襟がぴらぴらしないように襟にボタンがついているワイシャツのことです。ネクタイ用のスーツは襟がぴらぴらと動きますよね。しかし、そのワイシャツをネクタイ無しで着るとホストのシャツのように少しだらしなくなりますので注意してくださいね。

 

(2)汗が目立つ。

皆さんも経験があるのではないでしょうか。高校のとき、男子のワイシャツの背中がびちゃびちゃに濡れているのを。決していい印象を与えないので何かしらの対策が必要です。

 

公務員試験の服装【まとめ】

一次試験:私服一択。
二次試験:スーツ。クールビズ可の場合は好きな方を選択。
インターン:クールビズ可ならクールビズがおすすめ。

 

今回は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

おすすめの記事