【地学の勉強法】地学は短期間で習得できるお得な科目です。

 

結論から入ります!

 

公務員試験の地学を2週間で攻略する方法をお伝えします。

 

とくに特別区志望の人にとって、地学はとても重要な科目です。

 

なぜなら2問も出題されますからね。しかも、少ない勉強量で簡単に得点することができるので、とてもお得な科目です。

 

試験種によっては1問しか出題されないこともありますが、安易に捨てるのはやめましょう。頻出分野だけでも勉強しておくと本番で1点取れることがありますよ。

 

地学の特徴

 

(1)難易度

自然科学の中で1番簡単な科目です。学習量も生物に比べるとかなり少ないです。しかし、特別区では必ず2問出題されますが、その他の試験種では出題されても1問です。特別区の志望度が高い人は力を入れて勉強しましょう。それ以外の人は深入りせず、頻出テーマのみを勉強しましょう。

 

(2)出題分野

天文学・宇宙:天体観測の基礎知識、太陽系の惑星運動の理論、太陽系惑星の各論、太陽の構造

気象:大気の構造と特徴、日本の天気

地質:地球の構造と環境、地震、化石

 

地学の出題歴

 

すみません。平成30年、平成31年は記載していませんので、各自過去問で調べておいてください。

(1)国家一般職

過去の出題歴

平成29年 出題なし

平成28年 出題なし

平成27年 出題なし

平成26年 出題なし

平成25年 出題なし

平成24年 出題なし

平成23年 火山活動と火成岩・地質時代の区分

平成22年 気象・海洋

平成21年 気象・火山活動と火成岩・地球の時点と公転

平成20年 気象・その他

 

※こちらに記載した出題テーマの数が試験問題の出題数と同じというわけではありません。

 

(2)東京都1B

まとめ

平成29年 地球の自転と公転

平成28年 地質時代の区分

平成27年 太陽系の天体

平成26年 恒星の特徴と進化

平成25年 太陽系の天体

平成24年 火山活動と火成岩

平成23年 気象

平成22年 太陽系の天体

平成21年 太陽系の天体

平成20年 火山活動と火成岩

 

(3)特別区(事務)

過去の出題歴

平成29年 太陽系の天体・その他

平成28年 太陽系の天体・火山活動と火成岩

平成27年 太陽系の天体・地震と地球の内部構造

平成26年 恒星の特徴と進化・地震と地球の内部構造

平成25年 太陽系の天体・大気と地球の熱収支

平成24年 太陽系の天体・火山活動と火成岩

平成23年 太陽系の天体・海洋

平成22年 恒星の特徴と進化・地震と地球の内部構造

平成21年 銀河と宇宙・地震と地球の内部構造

平成20年 地球の歴史

 

※こちらに記載した出題テーマの数が試験問題の出題数と同じというわけではありません。

 

(4)裁判所一般職

過去の出題歴

平成29年 地球の自転と公転

平成28年 気象

平成27年 地震と地球の内部構造

平成26年 造山運動と大陸運動

平成25年 海洋

平成24年 地球の歴史

平成23年 火山活動と火成岩

平成22年 地震と地球の内部構造

平成21年 その他

平成20年 気象

 

(5)国税専門官・財務専門官・労基監督官A

過去の出題歴

平成29年 出題なし

平成28年 出題なし

平成27年 地震と地球の内部構造

平成26年 火山活動と火成岩

平成25年 火山活動と火成岩

平成24年 出題なし

平成23年 地質時代の区分

平成22年 その他

平成21年 地震と地球の内部構造

平成20年 地震と地球の内部構造・恒星の特徴と進化

 

※こちらに記載した出題テーマの数が試験問題の出題数と同じというわけではありません。

 

地学の勉強法と参考書

 

(1)【2020年度版 上・中級公務員試験 過去問ダイレクトナビ 生物・地学 】で問題演習をする。

地学は導入本は必要ありません。センター試験用の参考書では明らかにオーバーワークなので使うのはやめましょう。そもそも特別区で2問出題されますが、それ以外の試験種では出ても1問です。ちなみに2週間で3周はできます。直前期に叩き込ましょう。

 

過去問ダイレクトナビで補えない問題はあきらめましょう。どうせそんな問題なんて受験生のほとんどが解けないので大丈夫です。

 

(2)【フォトサイエンス地学図録改訂版 [ 数研出版編集部 ]】を使って視覚で暗記する。

 

私はこの地学図録を使い、視覚を利用して暗記をしていました。

 

文字だけを読んで暗記するのと、文字と図を見て暗記するのではどちらが効率よく暗記できるかわかりますよね。図を利用した勉強のほうが記憶の定着率がいいに決まっています。

 

公務員試験は科目数が多いため、地学だけに多くの時間を割くことはできません。このように工夫して、少ない時間で効率的に暗記できるようにしましょう。

 

まとめ

今回のまとめです。

まとめ

○特別区志望の人以外は深入りせずに勉強しましょう。特別区志望の人も過去問ダイレクトナビだけでOKです。

○地学図録を使い、視覚を利用して効率的に暗記しましょう。

 

以上が地学の勉強法でした。

 

ちなみに、地学で出題される【地震】の分野は時事的要素もありますので、勉強しておくと時事問題でその成果が発揮されることがあるかもしれません。

 

今回は以上です。

それではさようなら(ヾ(´・ω・`)

 

おすすめの記事