公務員試験の参考書のアイキャッチ画像

 

こんにちは、元特別区職員のあやんぼです。

 

当記事では、公務員試験に合格できる勉強法と参考書の使い方を科目別に説明しています。

私はTAC(公務員試験予備校)に通いながら勉強をしていましたので、その際に培った勉強方法を皆さんに伝授しますね。

※足りない科目は随時追加していきます。

公務員試験の参考書【憲法】

憲法は法律科目の中でもっともやさしい科目です。

憲法の参考書はスー過去だけで問題ありません。この参考書だけで満点も狙えます。

この参考書を使った勉強法は以下の記事で紹介しています、

 

公務員試験の参考書【民法】

民法の参考書はこの4冊を使用します。すべて民法大改正に対応しています。(民法は大改正が行われているので、古い参考書を使用しては行けません。)

 

民法は法律科目の中で一番難しい科目です。スー過去だけだと理解できずに確実に挫折します。

 

そこで、導入本である『最初でつまずかない民法』を使用します。この参考書は図がたくさん使われており、ストレスなく勉強を進めることができます。

 

また、この参考書はスー過去に合わせて作成されています。ですので、『最初でつまずかない民法』を1章読んだら、『スー過去』ですぐにその章の問題演習をすることができるので無駄がありません。

 

この参考書を使用した勉強方法はこちらの記事で説明しています。

 

公務員試験の参考書【行政法】

行政法も導入本を使用してからスー過去で勉強します。民法よりは優しい科目ですが、憲法よりはむずかしいといった立場の科目です。

『新谷一郎の行政法 新まるごと講義生中継』は、TACの有名講師である新谷先生の授業を再現しています。

この参考書を使った勉強方法はこちらの記事で説明しています。

公務員試験の参考書【ミクロ経済学】

いきなり『スー過去』で勉強するのはムリゲーです。ほぼ、挫折します。

まずは、『最初でつまずかない経済学ミクロ』でミクロ経済学の基礎を身に付けてください。この参考書は、教養試験編と専門試験編に分かれており、無理なくレベルアップすることができます。

『最初でつまずかない経済学ミクロ』にある練習問題がほとんど解けるようになったら、完全に『スー過去』にシフトしてください。数をこなして実力をつけます。

ミクロ経済学の勉強方法やこれらの参考書の使用方法は、こちらの記事で詳細に説明しています。

公務員試験の参考書【マクロ経済学】

ミクロと全く同じシリーズの参考書ですね。

ところで、『最初でつまずかない経済学』シリーズは2011年に出版されており、少し古いけど大丈夫か?と感じてしまう人はいませんか?

 

結論から言うと問題ありません。

 

経済学の勉強法は昔も今も変わりません。ですので、古くても当たらしくても関係ないんです。それよりもわかりやすい参考書を選ぶことが何より大事です。

そして、直近の出題傾向は『スー過去』で把握するので、その辺の心配をする必要もありません。

ミクロ経済学の勉強方法や、これらの参考書の使い方はこちらの記事で説明しています。

公務員試験の参考書【政治学】

『行政5科目まるごとパスワードneo2』を最初に1度読み全体像を把握します。そのあと、『スー過去』で勉強をします。

『行政5科目まるごとパスワードneo2』ですが、「たった1回しか読まないなら買う必要なくね?」と思う方もいるかもしれませんが、直前期に再びお世話になりませす。コンパクトに要点がまとめられているので、試験直前にとても役に立つからです。

政治学の勉強方法や、これらの参考書の使い方はこちらの記事で説明しています。

公務員試験の参考書【行政学】

政治学と同じですね。

『行政5科目まるごとパスワードneo2』は先ほど紹介したので画像のみ載せておきますね。

政治学の勉強方法や、これらの参考書の使い方はこちらの記事で説明しています。

公務員試験の参考書【社会学】

こちらも政治学、行政学と使用する参考書は同じです。

社会学の勉強方法と、これらの参考書の使い方はこちらの記事で説明しています。

公務員試験の参考書【財政学】

財政学は『スー過去』だけで対策できます。なぜなら、その年の予算の数字や制度を覚えるだけでいいからです。ようするに、暗記科目ということです。

 

しかし、一部ミクロ経済学やマクロ経済学の知識を必要とする問題が出題されます。もし、経済学を捨てているならその分野は潔くあきらめしょう。公務員試験は満点を取らなくても受かります。

 

ちなみに、2019年12月18日に最新版が発売されるので、来年公務員試験を受験する方はこちらの最新版を購入しましょう。財政学で問われる予算などの数字は毎年変わるので、昔の参考書は何の役にも立ちませんからね。

財政学の勉強方法や、参考書の使い方はこちらの記事で説明しています。

公務員試験の参考書【文章理解】

私も英語が壊滅的でした。最初の頃は前問不正解とかも結構ありました。

しかし、ある勉強法をしたら本番で6割以上安定して得点することができるようになりました。

その際に使用した参考書と勉強法が知りたい方は、以下の記事をご覧くださいませ!

公務員試験の参考書【数的処理】

数的処理が苦手な受験生が多いですよね。なので、レベル別におすすめできる参考書を紹介しています。

公務員試験の参考書【物理】

公務員試験の参考書【化学】

公務員試験の参考書【生物】

公務員試験の参考書【地学】

公務員試験の参考書【世界史】

公務員試験の参考書【日本史】

公務員試験の参考書【社会科学】

公務員試験の参考書【論文】

公務員試験の参考書【時事】

公務員試験の参考書【記述(憲法)】

 

 

 

 

 

おすすめの記事